司法書士活動日誌 あいおいくんがゆく! | 相続・遺言・遺産整理なら司法書士法人あいおい総合事務所<戸塚区・泉区・栄区>

  • HOME
  • 事務所概要
  • お問合せ
司法書士法人 あいおい総合事務所

お知らせ

2018年04月16日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
当所に相続や不動産、成年後見などの相談に来られるお客様の中には、単なる手続きの相談ではなく、ご家族との関係や将来の生活などへの不安や悩みを抱えている方が多数いらっしゃいます。
そのようなお客様は、士業の事務所は敷居が高く相談に来るのがドキドキする、また家族のことなどプライベートなことを相談しては悪いと遠慮される方も多いです。
お客様に少しでも安心してお話しいただけるようにするにはどうしたらいいのか、所内でいつもアイディアを出し合っています。
私はじっくりお客様のお話しに耳を傾け気持ちに寄り添い、専門的な言葉も例を出してわかりやすく説明するなど接遇面への気配りは当然ですが、お客様を迎えるための空間・しつらえも大切だと思っています。
当所ではプライバシーに配慮した個室の相談スペースを設置する以外にも、アロマの香り、クラシックのBGM、観葉植物による癒し効果のあるツールを多用し、お客様が肩の力をぬいて少しでもリラックスした気持ちで相談していただけるようにしています。
よりよい環境づくりを目指して先日、所内の模様替えをしました。

木のぬくもりのある什器に変えたり、受付には新しい仲間たちも増えました。
a

新しい仲間たち⇒ https://youtu.be/lufoNWcjd6U

何か困ったこと、誰に相談したらよいかわからないことがありましたらお気軽にお立ち寄りくださいね。



2018年03月19日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
私が所属する戸塚泉栄工業会では年に数回、工場視察に伺う機会があります。
視察先は、一見すると司法書士業務とはまったく関係のないところばかりですが、異業種だからこそ学ぶべき点は多々あります。
ふだん思いつかない観点や発想に触れたりすることができたり、士業という自分の立場を客観的に見つめ直す機会になります。

先日は、海老名にある『泉橋酒造梶@様』に行きました。
この酒造会社は、神奈川に少数しかない酒蔵で「酒造りは米作りから」の信念のもと全国でも珍しい「栽培醸造蔵」として酒米栽培から精米・醸造まで一貫して行っています。
地元の農家とともに、酒米を自ら作り農業の活性化や環境保全、地域の農産物の活用に徹底的にこだわっています。
泉橋酒造のHP 

現場で働く社員の方々ともお話をする機会がありましたが、一本筋の通った経営方針を会社全体で共有しそれを体現していこうという気概を感じました。
自分たちの存在意義をお酒を消費してくれる呑み手だけではなく、ともに酒米を栽培してくれる地元農家など地域のためと広くとらえ、地域活力の増進に貢献しているという自信や誇りをもって仕事をされている様子が垣間見られました。

このような姿勢は事務所経営を考える上で大変参考になりました。
私も折に触れ、地域の皆さんに信頼され、地域になくてはならない存在になるためにどのような姿勢で日々の業務に取り組んでいったらよいのか社員と語り合うことがあるのですが、社員には自身の業務にやりがいや誇りを感じてもらいつつも、広い視野で事務所のあるべき姿を一緒に模索してもらえるよう対話を深めていこうと心新たにしました。

abc

2018年03月02日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
皆さんは、司法書士にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
そういえば家を買ったときの契約時に不動産屋さんと一緒に来ていたな、住宅ローンを完済したときに銀行の人からの紹介で手続きをしてもらったなぁなど、直接、司法書士と接点のない方が多いと思います。
そういう方にとっては、司法書士はどのようなことをする仕事なのか想像がつかず、法律書を片手に法務局などに提出する書類を事務所にこもって作っている人というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

いえいえ、司法書士の仕事って皆さんが思っている以上に幅広いです。当事務所の場合は、債務整理や不動産売買時の立会・不動産登記など特定の業務だけに携わっているわけではありません。
売買や相続などに伴う不動産登記を中心としつつ、シニアの方の財産管理や見守り支援を行う成年後見業務、煩雑な手続きが必要な遺産整理など地域に密着した「くらしの法律家」として横浜市戸塚・泉・栄区を中心に様々なご相談をお受けしています。

私は開業当初より、事務所でお客様をお待ちするのではなく地域へ出向き、異業種の方がたと協力し生活上の課題や不安を抱えながらも自ら支援にアクセスできない方たちのお手伝いができる存在となれることをモットーにしてきました。
そのモットーから成年後見制度が始まった当初から他事務所に先駆けて、シニアの方の支援に力を入れてきたので、ケアプラザ(横浜市独自の組織。各地域での福祉保健活動や交流の拠点)など福祉関係者とのつながりが深く、福祉関係者や区役所の方と一緒にご自宅や病院・施設などに直接出向いてご相談を行う機会も多いです。
単なる手続きに留まらず、お客様のお気持ちに寄り添いご不安を軽減するとともに、将来起こり得るトラブルを想定しそれを予防するためのアドバイスに力をいれております。
そのため、お客様がこれまでどのような人生を歩まれてきたのか、何を大切に生活していきたいのかなどお客様のこれまでとこれからに想いを馳せながらお話しにじっくり耳を傾けているため、ついついお話が弾んでしまいます。

また、私は一士業単独でできる業務の限界を感じ、弁護士や税理士などの士業が連携をとり合うことで解決できない問題に対応しワンストップで質の高いサービスを提供することを目的とした「LTRコンサルティングパートナーズ」を主宰していますので、個人の方だけではなく会社関係者や企業団体などともお仕事をさせていただいております。
地域での活動がご縁で中小企業の社長様から様々な経営上のお悩みを伺うことが多く、同じ経営者として精神的な支えになったり、これまで培ってきた異業種ネットワークを活かした新規事業の立ち上げを支援するなど経営サポートにも力をいれています。

そのような理由から、せっかくご相談のお電話をいただいても事務所にいない時間もあるかもしれませんが、必ず折り返しの連絡をいたしますので、お気軽にご相談くださいね。



無料相談はこちら

PageTop

司法書士法人 あいおい総合事務所