司法書士活動日誌 あいおいくんがゆく! | 相続・遺言・遺産整理なら司法書士法人あいおい総合事務所<戸塚区・泉区・栄区>

  • HOME
  • 事務所概要
  • お問合せ
司法書士法人 あいおい総合事務所

お知らせ

2017年10月23日 [清水 敏博の活動日誌]
私が主宰する11の士業団体「LTR」は、少子高齢化による社会保障制度の限界やそれに伴う財政の悪化、AIやIOTなど技術革新による産業構造の変化など先行き不透明な時代だからこそ、率先して新たなことにチャレンジし、ワクワクする未来を切り開いていくことをビジョンとして掲げ活動しております。
特に地域で頑張っている企業の皆さまを応援する取り組みに重きをおき、その1つとしてビジネスやまちづくり・社会問題などジャンルを問わず講師を招聘する学び・交流の場「特別セミナー」を10年間続けてきました。今年の春に50回を迎えたことをきっかけに、多様なニーズに応えられる新たなコミュニティ「横浜える会」を発足させました。
える会は、LTRのLから派生させ、夢をかなえる、出会える、考える・語り合えるの意味をこめてネーミングしました。
える会には、学び・交流・リフレッシュの3つの事業部があり、先日、メンバー顔合わせのためのキックオフミーティングを開催しました。
運営者である「LTR」と若手士業「LTRF」の他、一緒に企画運営を支えてくださるサポーター企業約40社が集い、今後の活動について話し合いを行いました。
主催者と参加者の垣根なく、参加者が企画運営から参加してもらえる仕組みをとり、求めることを自らの手で創り出していける自由度の高い会となっています。また、士業問わず多種多様な業種の方が集う場になっています。
既存の枠に囚われず新しいことを考えたり、自分とは違う分野で活動している仲間と交流を深められることは、司法書士業務にとってもプラスになると考えています。
お客様の抱えている悩みは法律論だけでは語れない、むしろ心の機微を読みそこから解決策を探っていくことのほうが多いような気がします。細やかな心配りや洞察力は、自分とは違う世界観や価値観の人と出会う中で育まれると思っていますので、私にとって学びの多い機会となります。
これまで同様、司法書士業務に全力で邁進しつつ、横浜える会の活動にも真摯に取り組んでいきたいと考えています。
11月から本格的に開始される各事業部の活動については随時お伝えしていきたいと思います。期待してくださいね!


2017年10月04日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
先日、(公社)戸塚法人会青年部会の役員として、神奈川県租税教育推進協議会主催の「租税教室」の研修会に参加しました。
この研修は、小学生に税金についてもっと知ってもらうための租税教育の講師を養成するためのものです。
私自身も3児の子をもつ親でもありますし、未来を担う子どもたちに幼いうちから、みんなで支え合う社会の仕組みを学んでほしいなぁと思っています。
特に税金については、子どもでも買い物をする際に消費税を支払っていますし、自分たちが収めた税金の使い道や、そもそもどうして税金を納める必要があるのか?関心をもつことはとても重要です。
また「租税教室」は、地域で働く大人と子どもたちが、税を通じて自分たちの未来やこれからの社会について真剣に語り合える貴重な機会になると思います。
教育の大切さと共に地域社会における大人の役割の重要性を再認識した時間となりました。
講師派遣要請を頂いたら、出来る限りご協力したいなぁと考えています。
a

2017年09月21日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
私は(公社)成年後見センター・リーガルサポートから要請され「成年後見サポートネット」(福祉、法律などの専門職、社協、行政等から構成される横浜市独自の組織;成年後見業務のスキル向上のために事例検討や情報交換を定期的に行っている実務者会議)に法律分野のアドバイザーとして参加させていただいております。
先日、戸塚区役所で開催されたサポートネット会議で成年後見人の財産管理業務についてお話しをさせていただきました。
当事務所では2000年に成年後見制度が開始された当初より業務を受託し、様々なケースに対応してきました。
成年後見は家族や親族から弁護士や司法書士、社会福祉士など専門職後見人まで多様な立場の人が就任しています。最近では、家族や親族以外の一般市民も後見人となり、担い手不足を解消していく動きが全国的に高まっています。横浜市でも「市民後見人」の養成が開始されています。
後見人と一言では表せないくらい、どのような専門性や背景をもっているかによって対応方法や考え方も異なっています。
今回の講演では司法書士として私が培ってきた業務のノウハウだけではなく、後見人として大切にしていることをお伝えさせていただきました。

特に大切にしていることをあげるとするならば、以下の3つです。
(1)常に被後見人本人の利益を最優先する。
 ・本人の言葉を表面的に捉えたり、発した断片的な言葉から本人の本心を判断しない。
 ・本人の保護・支援の観点から長期的な視野で総合的に判断し、本人の意思の尊重とのバランスを考慮する。

(2)異業種とのネットワークの中で支援していく。
・一士業、一事務所で抱え込まず、判断に迷うときは介護や医療などの専門家や裁判所の意見を聞く。(外部の目が入ることで支援の客観性を担保できる)
・問題が起こったときに相談できる相手を地域の中に作っておく。
・法人会など企業の団体に参加したり、地域の活動に積極的に協力するなど関係づくりを怠らない。

(3)後見人としての重責を常に意識し、誠実に職務を遂行する。
・後見人には広範囲に及ぶ権限が与えられている。被後見人がこれまで築いてきた財産を託され、被後見人に代り人生の様々な選択を行うことの意味を忘れない。
・記録の徹底、複数担当者による情報共有を行い透明性を確保する。

自身および当事務所の後見業務について、原点に立ち返って考える貴重な機会となりました。
また、異業種の皆さんと良い支援を行っていくために、これからも地域における連携を強化し積極的に情報発信していこうと新たに決意した一日でした。
z

無料相談はこちら

PageTop

司法書士法人 あいおい総合事務所