司法書士活動日誌 あいおいくんがゆく! | 相続・遺言・遺産整理なら司法書士法人あいおい総合事務所<戸塚区・泉区・栄区>

  • HOME
  • 事務所概要
  • お問合せ
司法書士法人 あいおい総合事務所

お知らせ

2017年12月12日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
師走に入り気忙しい日が続いていますね。
このところ、遠く離れて暮らすお子さんと日ごろなかなか話せない「老後・介護・相続」についてお正月にじっくり話がしてみたいけど、何をどこから話したらいいのかわからないという、ご相談が増えています。
仕事や子育てに追われ自身の生活でいっぱいなお子さんに余計な心配をかけたくないという遠慮や優しさから、親御さんは話の糸口が見いだせないようです。
たしかに老後・介護・相続の話は親と子互いの気持ちに寄り添わないといけないデリケートな内容ですし、高齢の親を持つ身の私にとっても他人事ではありません。
いくつになっても親は親ですから甘えもありますし照れくささもあります。
また、様々な想いが交錯する家庭においては白黒はっきりさせないほうが角が立たたないことも多いですし、仕事の場面と異なり差し迫って結論を出したりしなくてもすぐに問題が表面化しません。
ただ、相続や遺言、成年後見など多くの相談を通じて感じるのは、親と子互いに相手を慮るがあまり自身の気持ちや想いを伝えられなかったり、将来起こり得る問題が見え隠れしているのにそれに気づかぬふりをして蓋をしてしまうと、あとあとになって後悔の念が残ってしまう方があまりにも多いことです。
例えば親御さんが認知症や寝たきりになったとき、どのような介護や医療を受けたいのか前もって気持ちを聞いておけばよかった・・・・突然お亡くなりになったときにご遺志をどのようにいかせばよいかわからず途方に暮れてしまうなど。
親子で向き合い本音をぶつけ合う必要性はわかっていても、そう簡単にはできません。
こういうときこそ、私のような司法書士など第三者を頼ってください。
状況を整理すると共に円滑なコミュニケーションができるような橋渡しや親御さん、お子さんそれぞれのお立場に添ったアドバイスもさせていただきます。
皆さんがあとあとになって後悔しないように、全力でサポートさせていただきますので、ぜひご相談くださいね。



2017年11月22日 [清水 敏博の活動日誌]
皆さま
こんにちは。司法書士の清水です。
最近、相談が増えている「亡くなった方の名義のままにしておいた不動産にまつわるトラブル」についてお話しします。
亡くなった父の家を建て替えするために銀行からお金を借りようとしたら亡き父の名義のままですぐに手続きができなくて途方に暮れている、母から相続した土地を売却しようとしたら自分の名義になっていないことがわかって困っているなど、急を要する相談をいただいています。
相続人間で話し合いは済んでおり、固定資産税を支払っているのも自分だからといって、安心してはいけません。
不動産の所在地を管轄する法務局に申請することで初めて自分の名義に変更することができ、第三者に所有権を主張できることになります。
相続したけれど使い道がない土地、ご両親亡き後に荷物置き場になっている実家をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
名義義変更手続の期限は決まっていませんし、放置していても法律上は問題はありませんので、急いで何かしなくてもいいかとそのままにしている方も多いように思います
しかし、いつ何時、何が起こるかわかりません。流動的な社会の中では、眠っている資産を活用して新たな生活の一歩を踏み出さなければいけない転機が訪れることもあります。
いざという時にスムーズに進められるよう、余裕があるうちに手続きをしておきましょう。
当所では手続きだけではなく、将来起こりうるであろうリスク診断やトラブルを未然に防ぐための方法を提案させていただいております。
お気軽にご相談くださいね。


2017年10月23日 [清水 敏博の活動日誌]
私が主宰する11の士業団体「LTR」は、少子高齢化による社会保障制度の限界やそれに伴う財政の悪化、AIやIOTなど技術革新による産業構造の変化など先行き不透明な時代だからこそ、率先して新たなことにチャレンジし、ワクワクする未来を切り開いていくことをビジョンとして掲げ活動しております。
特に地域で頑張っている企業の皆さまを応援する取り組みに重きをおき、その1つとしてビジネスやまちづくり・社会問題などジャンルを問わず講師を招聘する学び・交流の場「特別セミナー」を10年間続けてきました。今年の春に50回を迎えたことをきっかけに、多様なニーズに応えられる新たなコミュニティ「横浜える会」を発足させました。
える会は、LTRのLから派生させ、夢をかなえる、出会える、考える・語り合えるの意味をこめてネーミングしました。
える会には、学び・交流・リフレッシュの3つの事業部があり、先日、メンバー顔合わせのためのキックオフミーティングを開催しました。
運営者である「LTR」と若手士業「LTRF」の他、一緒に企画運営を支えてくださるサポーター企業約40社が集い、今後の活動について話し合いを行いました。
主催者と参加者の垣根なく、参加者が企画運営から参加してもらえる仕組みをとり、求めることを自らの手で創り出していける自由度の高い会となっています。また、士業問わず多種多様な業種の方が集う場になっています。
既存の枠に囚われず新しいことを考えたり、自分とは違う分野で活動している仲間と交流を深められることは、司法書士業務にとってもプラスになると考えています。
お客様の抱えている悩みは法律論だけでは語れない、むしろ心の機微を読みそこから解決策を探っていくことのほうが多いような気がします。細やかな心配りや洞察力は、自分とは違う世界観や価値観の人と出会う中で育まれると思っていますので、私にとって学びの多い機会となります。
これまで同様、司法書士業務に全力で邁進しつつ、横浜える会の活動にも真摯に取り組んでいきたいと考えています。
11月から本格的に開始される各事業部の活動については随時お伝えしていきたいと思います。期待してくださいね!


無料相談はこちら

PageTop

司法書士法人 あいおい総合事務所