神奈川県横浜市戸塚区の司法書士・相続ブログ | 相続・遺言・遺産整理なら司法書士法人あいおい総合事務所<戸塚区・泉区・栄区>

  • HOME
  • 事務所概要
  • お問合せ
司法書士法人 あいおい総合事務所

お知らせ

成年後見制度を利用するにあたって

祖父は一代で泉区では多くの人に知られる会社を築いて、80歳を過ぎても第一線でバリバリ仕事をしていましたが、数年前に心臓に疾患が見つかり長期入院してからは、実務からは意識的に離れるようになって、父に会社を任せて遠くから見守るようになりました。
親族経営を好まない祖父の下で育ち、あくまでも実力主義で社長にのし上がった父は、私にも特別扱いしないことを入社時に伝え、自分と同様に実力で上まで来るように励ましてくれましたが、それ以降は直接仕事のことに対するアドバイスもしてくれることなく、私を陰で支えてくれていたのは会長である祖父でした。
父には私と同じように一切アドバイスをしませんでしたが、孫である私を昔から可愛がってくれて、仕事で困ったことがあれば祖父の方から私のところに来て、いろいろ教えてくれていました。
しかし、病気をしてから祖父の様子が明らかにおかしくなり、最初は現場から離れて物事が良く分からなくなったのだと自分なりに思い込んでいましたが、先日病院の先生から認知症の疑いを指摘されて、精神科で検査を受けるとそれがハッキリしました。
現場を離れたと言ってもまだ会長でもあり、会社以外でも祖父の発言は重要なので、本人の権利や財産を守るためにも、成年後見制度を利用することを決めました。
会社の顧問税理士から成年後見に強い司法書士事務所を紹介してもらい、忙しい父の代わりに私が手続きを進めることになりましたが、祖父との面会もしてくれて、難しい制度の内容も分かりやすく説明してもらえて、無事手続きが完了したのでホッとしています。
今後も長いお付き合いになると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そろそろ老後の設計を立てようとして


主人の物忘れの酷さはもう何年も前から続いていて、昔から冗談を言うのも好きな人だったので、変なことを言い出しても最初はいつものことだと思って放置していました。
子供たちも全員独立して、戸塚区の家には現在二人きりで、そろそろ老後の設計をきちんと立てておこうと重い腰をあげて、主人の認知症にも気づきました。
今後認知症の度合いが酷くなれば、いろいろな面倒なことも起きると思い、子供たちにも相談して成年後見制度を利用することにして、長男が頼りになる司法書士事務所を見つけてくれました。
先生には私にも理解できるように分かりやすく制度について説明してもらえて、今後もよろしくお願いします。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
無料相談はこちら

PageTop

司法書士法人 あいおい総合事務所